コミケに大遅刻した私の敗北レポート【C95二日目】

2018年12月29日から31日までの3日間でコミックマーケット冬の陣が開催されました。私は30日(2日目)に行ってきましたので、そのレポートを皆さんにご覧いただきたいと思います。

15時40分、帰りの人でごった返す国際展示場駅

15時40分に国際展示場駅に降り立ったわけですが、すでに大勢の人々でごった返していました、帰りの人たちの行列で。この日は12時頃には会場入りするつもりで前夜より準備を進めてきました。しかし寝坊と動画編集により大遅刻を引き起こし、こんな遅い時間からの入場となりました。私は今回で5回目のコミケ入場となります。
国際展示場駅の様子

人の流れに逆らって会場を目指す

濁流の中をさかのぼるように会場へ足を進めていきます。このとき私は17時まで一般ブースはやっていると勘違いしており、まったり写真を撮りながら歩いていました(すでに大遅刻なのに呑気)。一般ブースの終了時間は16時までということは後になって知ることになります。
だんだんとビッグサイトが大きく見えてくる
入場口付近は帰りの人でごった返していた。

閑散とした会場に呆然とする

国際展示場駅から一般販売ブースまで1㎞ほど歩くので、会場入りは15時50分くらいでした。やっと会場に到着し、あの大空間のホールにワクワクの気持ちで入っていきました。しかし次の瞬間、その閑散とした空気に寒気を感じました。まばらにしか人がおらず、長テーブルのうえに積まれたパイプ椅子の鏡面反射が、私の目を眩しく照らしていました。
すでに店じまいをした一般ブース区域。
この閑散とした空気も新鮮だった。
ハマくんさんも呆然。

たった1つの輝く戦利品

大遅刻をしてほとんどのブースが店じまいをするなか、Atsutaさんという方は私の到着を待っていてくださいました。Atsutaさんは、かつてAnTytle Gaming Worldのシリーズとして人気を博した「リロード動画」に協力してくれたり、いろんなFPSの情報を教えてくださるゲーム通の方です。2017年の夏コミで初めてお会いして以来、毎度のように私は顔を出し続けていました。

この日もツイッターで、私が来るかどうかの確認をわざわざして頂きました。15時55分くらいにお会いし戦利品も入手できました。これは私にとって、たった一つの輝く戦利品となりました。
Atsutaさんが私のためにとっておいてくださった。

企業ブースへ

一般販売ブースの他に、企業ブースの区域もあるようですが、コミケの企業ブースに私はほとんど興味がありませんでした。しかし今日ばかりは何もせずに帰る悲しみを慰めるために、企業ブースにも行ってみることにしました。
企業ブースの会場はまだ営業が続いており、人も少ないながらにぎわっていました。私は特に興味のあるゲームもグッズもなかったため、とりあえず初めて見るゲームのレイヤーさんの写真を撮ってまわりました。私はレイヤーさんの写真を撮ることにも興味がなかったため、今回の撮影は新鮮な経験でした。

静かな国際展示場より景色に浸る

Atsutaさんとお会いし、企業ブースをざっと見まわった後、私はコミケでやるべきことを失いました。一般コスプレ区域もほとんど店じまい。どうしたものかと、ふとホールの外に出たところ、そこは夕日が創るグラデーションの景色が広がっていました。すごく寒い日だったけれども、太陽が私の体をほのかに温めてくれていたのだと、ホールの外をゆっくり歩きながら感じていました。コミケ敗北者の楽しみ方です。
お台場に沈みゆく太陽
ビッグサイトの裏側。

国際展示場からアキバへ

ぼっちコミケのあとはアキバに向かいました。この日はちょうど秋葉原でAnTytle×ハマくんさん×スターターズさんでYouTuber忘年会を予定していました。某エスニックのお店で、YouTubeチャンネルの運営や将来のビジョンなどを様々語り合いました。非常に熱のこもった良い忘年会となりました。もしコミケの後に寂しく家路につけば、今年は本当にさみしい終わり方をしたと思います。AnTytle Gaming WorldというYouTubeチャンネルがあったからこそ、私は様々な人にお会いできるようになり、有意義な日々を送ることができています。
夜の秋葉原。
ハマくんさんから頂いた手帳と缶バッジ。
コミケでの寂しい気持ちと、アキバでの熱語らいの宴。この両極端を1日の中で経験できたことは、この先のいい思い出となりそうです。今後も皆さんとの関わり合いを大事にしていきたいと、改めて思った日でもありました。

執筆者Writer

AnTytle

2014年頃にAnTytleを設立。当初はプログラミング記事を書いていたが、2016年にYouTubeチャンネルのゲーム動画がヒットし、以来ゲーム分野にピボットした。

コメントComment

ログインするとサムネや名前を表示できます。